総括的な事(一株主として)

スポンサーリンク

f:id:commseed:20171220184823j:plain

2017年も10日程残っていますが、掲示板で総括してと言われた事、何か始めると言いながら何も始められていない事もあるのでま~振り返ってみたいと思います。

それから「ぶっちゃけトーク」とも言われてもいるので今まで書いていなかった事も書いてみたいと思います。

ま~意見、考えが分かれる内容になると思うのでただ文句では無く議論が出来たらと思います・・・

  

 一株主として・・・

 

いきなりぶっちゃける形になってしまいますが、MAX100枚以上持っていたここも今では殆ど持っていません。

ちなみに始めてここを買ったのが10年以上前です。当時は単元株で、1枚15万円くらいで合計10枚くらいだったと思います(記録を残していない事、証券会社の変更、合併とかで確認不可です)

という事で上場廃止危機だったりした時も持っていてましたが、売っても全く意味が無いくらい下がっていたので株価も全くチェックしていませんでした。

 

その後自分が買い始めてMAXの100枚以上持っていた時期が4年くらい前だったと思います。

某株板での私のハンドルが何か特定している方がいましたら始めて書き込みをした時くらいの時期です。

この時期は今でもシリーズ機がリリースされている「戦国乙女」シリーズの始めてのパチスロスマホアプリがリリースされたタイミングです。

それまでもコムシードとしてはパチスロ・スマホアプリはリリースされていたのですが、この作品は評価しても良い出来でした。

その為個人的に凄く自信もあって粛々と買い増していたと思います。

ただし、今よりもさらに出来高が無い頃だったので3時頃に成り買い1枚を2日続けただけで終値関与(セントレックスは後場3:30までです)と怒られた事も今となっては良い思い出です。

という事でコムシードが盛り上がる前にある程度集める事が出来たので個人的にはま~満足出来る取引になったと思います。

 

 総括

 

で、やっと総括に話を移しますが、当時は個人的に凄くわくわくする思いで買い増ししていたのですが、今はそんな思いはありません。

今の方がユーザーに対しての情報提供、取り組んでいるだろう案件に関しても本来ならば期待しても良いのでしょうけどね~

毎回期待を裏切られる形になってもう疲れちゃったのかな~

「狼と羊飼い」です。いつまでも相手はしてられないって感じです。

 

現実問題として株価も何か材料があればそこそこ上昇したりもしますが、何か悪材料が出れば叩き売られ、そもそも何も情報が出ない場合はじわじわ売られていきます。

某株板では下がったら買い増しというスタンスの方もいるようですが、多くの人がそういう考えで購入していないように感じます。

ただしこれは個人的に見ていてどう考えてもポジショントークで社長に株価対策をしろ!なんてその最たる例だと思います。

現実問題として社長が確定事項でも無い事をべらべらと喋りますか?そんな事をする社長の方がよっぽど不安です。

その方は相当ご立腹のようでしたが、何度書き込みを見ても自分には全く響きませんでした。

 

そして、現状として株価的な買いやすさもあってとりあえず購入しているけれど白黒ハッキリするまで勝負する気も無くどちらかに動いたらその動きに乗っかってしまうような状態です。

 

良く言われるように優待付き銘柄を購入した人はその会社の商品も愛して購入してくれようになったりしますが、コムシードに関しては株主になったからと言って自社供給アプリに対して何ら思い入れも無くただ、ただランキングを見て文句をぶちまけるだけ。

株主は投資先を選べますが、企業は株主を選択出来ません。

そんな株主に文句を言われる可哀想な会社なのか、文句を言われる結果しか出せない会社が悪いのか・・・

この流れが変わらないと大きな変化はおきないと思います。

 

 展望

 

その大きな変化を起こす為の材料が表に出ている分でこれくらいかな?

 

・グリパチ大型リニューアル

・国内発のIP

・海外市場上位ランクインタイトル

 ・IOTソリューションサービス

・VR事業

順に考えていきたいと思います。

 

 グリパチ大型リニューアル

 

まずはここからなのかな?

又一部機能を先行して実装もしています。

個人的に今回のリニューアルは個人的にはこれからユーザーが減少しないようにする為の措置程度に思っています。

それくらいパチンコ業界の落ち込みは激しいです。

じゃ~皆アプリで遊ぶからユーザーが増えるんじゃね?って事は絶対にないです。

この事に関しては以前書いているのでよければ探して見てください。。。

それでもリニューアル時のどさくさで既存ユーザーの減少のリスクだけは結構あると考えます。

なんとなく惰性で遊んでいた人の止めるきっかけにならないように慎重に実行してほしいです。今期中にはあるのかな?

 

 国内発IP・海外タイトル

 

株価的には一番動く可能性がある話題ではあると思います。

国内IPに関しては既に開発が進行しているようなので、少なくとも今期中には情報程度は出ると思いますが、安易なIP選択をしていないか不安です。

もう既にIPを使ってアプリ開発なんて当たり前の時代でそのIPを使うなら何をしても許されるくらい強力なIP(PoとかFaとか)なんて取得してるはずもなく・・・

この結果次第で海外タイトルの選定(予算とかスケジュールとか)にも影響が出ると思います。

 

 IOTソリューション

 

現在の屋台骨?のBtoB事業の延長上にある事業になるかと思います。

派手さは無いけれど、確実に利益を積み増す事業になって欲しいと思います。

ただ海外事業者と組む必要はあるのかな~この分野は勉強不足です。

 

 VR事業

 

コムシードクラスの企業が実施するという点では評価出来るのかもしれませんが、VR自体は一般的とまでは言いませんが広く認知されつつある技術なのでVRだから凄いとかそんな単純な時代では無いと思います。

その中で「既存コンテンツのVR化」としているので、誰もが想像が付くあのコンテンツをVR化するならそれなりのインパクトは出せると思います。

「マルチメディア+VR」全く想像も付きません。分かる方がいましたら教えていただきたいと思います。

 

 まとめ

 

もう少し簡単にと思っていたのですが、うまくまとめる事が苦手なのでだらだらと書いてしまいました。

アプリの事も一緒に書こうと思っていたのですが、近日中に別ページで書きたいと思います。

そんな人はいないと思いますが投資は自己責任でお願いします