読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パチンコ・スロットアプリの現状分析

スポンサーリンク

本来ここで書く事では無いような気がしますが、ネタも無いし某株板での議論の流れがうまく行っていないと感じるので基本事項のまとめ。

 

今回も全て噛み砕くと長くなるのでざっくり説明します。(それでも長文だと思います)疑問に思ったらコメントいれて欲しいと思います。

 

まずアプリは大きく分けて「PC版とスマホ版」、課金システムを「月額・基本無料、売り切り(スマホ版で該当します)」に分類出来るかと思います。

 

それぞれ順に紹介したいと思います。

 

 PC版(月額・基本無料)

  777TOWN.net

サミー関連のサミーネットワークが運営

基本無料で遊ぶ事が出来ますが、フルに遊ぶには月額会員になる必要があります。

 ななぱち

ハンゲームのNHN運営。ハンゲームIDを持っていれば直ぐに遊べます

こちらも基本無料で遊べますが、フルに遊ぼうと思うとアイテム課金が必要

 パチ&スロタウン

Yahoo!モバゲーという事で運営会社はディーエヌエー

基本無料でアイテム課金です。

 その他

 京楽が「サプライズランド」を運営していましたが、4月30日にサービス終了が決定しています(スマホ版は継続)

他にもあるかもしれませんが、自分が確認出来たのは以上です。

 まとめ

基本的にはスマホの性能が低い時代にPCでないとまともに遊べなかった時代の遺物という感じはしますが、これからも一定数の需要はあると思うので上記3つはこのまま存続するのかなと思います。

この3つの中でまともに新機種を発表して精力的に更新しているの777TWONのみという状況がしばらく続いていますが、ななぱちが「キラーコンテンツ」になりうる機種を発表しましたのでもしかしたら動きが出るかもしれません。

 スマホ売り切り

現在スロットの開発をしているメーカーは大体20社強

その中で売り切りのアプリを発売しているメーカー(コムシードへの外注なども含む)が大体半分くらいです。

 

そして、この時点でアプリ化されないと一様今回の話のメイン?のグリパチなど基本無料アプリに供給される可能性はまず無いと考えられます。

 まとめ

その他スマホアプリよりはある程度収益予測の出来るジャンルだとは思いますが、何でもかんでも出せば売れるという程甘くは無いのが現状です。

又KPE(コナミグループ)などは収益予測に関してはかなりシビアなようでま~黒字になりそうな機種に関しても現在アプリ化をしていません。(かなり推測ですが、経営陣がスロット事業に関して後ろ向きな事も関係しているかもしれません)

 個人的には出来るだけ多くの機種を遊びたいと思いますが慈善事業でやる訳にはいかないですからね。。。

 スマホ月額課金

月額課金はメーカー単体で運営している所が数多くあります。

個人的には採算ベースに乗っているとは思えない所ばかりですが、メーカー単独運営なのでプロモーション的な意味が強いかと思っています。

とりあえず列挙しますので興味のある方は確認して欲しいと思います。

ユニバ王国・平和アプリMIX・山佐スロワールド・FIELDSモバイル・KYORAKUサプライズランド・パチプラスbySanseiR&D・エキサイトランド(newgin)・SANKYOパワフルワールド・キタックジャグラーランド・大都吉宗CITY

(他にもありそうなので教えてもらえると助かります)

 

そして、多分唯一まともに運営していると思うのは

777TOWNのスマホ版です。

ここは他社版権も扱っています。

 まとめ

サイトの多くはいわゆるガラケー時代からのサイトも多くキャリア課金で緩く運営してきた流れでスマホ版に昇格していますが、キャリア課金でうっかりそのまま契約を続けている人の為にあるような状態だと思います。

メーカーサイトだし引くに引けない状態なのかな。

 スマホ基本無料

ここを説明する為に結構長くなっていますが、ある程度はスロットアプリの現状を確認してもらえたと思います。

ちなみに前回の記事で書いたアプリは「777NEXT」です。

777TOWNと混同している人も多いようですが、基本月額は777TOWN、基本無料は777NEXTです。

ここを間違えると話が合わなくなってしまいます。

 

という事で基本無料で遊べるスマホアプリはグリパチ、モバ7、777NEXT、そして大都の関連会社の運営するDonDelがあります(他にもありましたら教えて下さい)

 まとめ

ざっと見てもメーカー絡みでは無くスロットアプリを運営をしている所は現在コムシードくらいしか見当たりません(コムシードも平和の子会社だった時代があります)

 

その分柔軟に対応出来る部分もあるかもしれませんが、後ろ盾の無い状況での運営はそれ程簡単では無い事が想像出来ると思います。

 

メーカー直系であれば開発コスト等も軽減出来るはずですが、コムシードにはそれが出来ません。ただし、その為のオリンピアとの独占契約であったり、今回の三洋のパチンコアプリ開発だったりなのかもしれません。

 

という事で早く第2の柱に登場してもらうしか無いと思います!(事前登録開始まってま~す)

と言っていると第3の柱の情報もそろそろ出るのかな(箱庭系でしたよね)

もうしばらくの辛抱です。



©グランヴィリア攻略Wiki
TOP  攻略  イベント  召喚  英雄  日記  News  Contact